HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

無印良品 上海淮海755 〜「上海柄の刺繍」の出来ばえ〜

f:id:hamarin40:20190526221839p:plain

無印良品 上海淮海755

 以前ご紹介した無印良品「上海淮海755」の上海柄の刺繍が出来上がりました。

 

www.hamarin.work

 

 

 出来上がったハンドタオルはこちら↓↓↓

 

f:id:hamarin40:20190623180457p:plain

ハンドタオル(上海刺繍柄)

四枚のハンドタオルに上海柄の刺繍を付けましたが、明らかに一枚失敗しました・・・。

 

刺繍を申し込んでから10日目くらいに電話が掛かってきて、「紺色のハンドタオルに上海柄の刺繍は見えなくなるけど良いか?」と確認されました。

しかし電話では変更も難しく、また変える気もなかったので「いいよ!」と伝えましたが、結果は見ての通りまったく見えません・・・。

 

皆さんも刺繍を選ぶときは注意しましょう!

 

でも出来上がりには十分満足!

そして価格は一枚50元程度とお土産にはお手頃価格。

他にもTシャツやカバンに刺繍されたものを見るとイロイロと試したくなりますね。

出来上がりには2週間くらい掛かるので旅行での注文は難しいかもしれませんが、駐在者の帰国時のお土産にオススメです!

学生時代のあだ名 〜○○チンの悲劇〜

今日は中国とは、まったく縁もゆかりもない話。

 

僕の苗字には浜という文字が入っている。
浜田、浜口、浜崎など苗字に浜という文字が入っている人の約90%は「ハマチャン」と呼ばれている(推定)。
ダウンタウンの浜ちゃん、釣りバカ日誌の浜ちゃんなど世間に「ハマチャン」はいっぱいいる。
僕も小学生から今まで「ハマチャン」と呼ばれ、親しみがあり気に入っている。
ちなみに僕の兄弟はすべて友人に「ハマチャン」と呼ばれている。

 

同じように大学の友人の中では同じように西山という苗字であれば「ニックン」であったり、谷崎であれば苗字の二文字をとり「タニ」などあだ名で読んでいた。

 

そんな友人の一人に山村(仮称)という男がいた。
彼のあだ名は「ヤマチン」であった。
特にチンに意味はないが、彼は女遊びが激しかった。

 

そんな彼は大学を卒業して親の会社に入社し、若くして課長となり将来は社長になることが約束されている。
彼とは毎年何回かは飲み歩く中ではあるが、30歳の飲み会で突然「ヤマチン」というあだ名をやめてくれと言い出した。
理由は、彼にはすでに何人もの部下がいる。そして小学生になる息子もいる。
もういい大人になったのだから今更「ヤマチン」はないだろうと・・・。
もっとかっこいい名前で呼んでくれと・・・。

 

確かに30歳を超えた大人が大衆の面前で「ヤマチン」と呼ばれたら恥ずかしい気がする。
そして僕たちは彼の部下の前でも息子の前でも遠慮なく「ヤマチン」と呼んでいる。
しかしこちらも10年以上も「ヤマチン」と呼んでいる以上、今更呼び方を変えられない。
結論として、当時一緒にいた友人の満場一致で「ヤマチン」継続となった。

 

この結論を聞いて「ヤマチン」は突然、これからハマチャンを「ハマゴロー」にすると言い出した。
僕の名前は「ゴロー」ではない。カスリもしないくらい「ゴロー」ではない。
だがしかし、彼は自分と同じ辱めに合わせたいと宣言した。

 

そして40歳を超え常務になった今でも彼は「ヤマチン」と呼ばれ続け、そして彼は今でも「ハマゴロー」と呼んでいる。

気持ちの悪いおじさん同士の呼び方だが、いつまでも変わらない関係でいたい。

星巴克臻選烘焙工坊 〜上海高級スタバ〜

f:id:hamarin40:20190527224630p:plain

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・シャンハイ

 星巴克臻選烘焙工坊(スターバックス・リザーブ・ロースタリー・シャンハイ)に行ってきました。
場所は地下鉄2号線の南京西路駅から

 

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・シャンハイは2017年12月にオープンしたスタバの高級業態「ロースタリー」の巨大店舗(店舗面積は約2,800㎡)です。

f:id:hamarin40:20190528201820p:plain

巨大キャスク

コーヒー豆は店内の巨大キャスクで焙煎されています。
何かイロイロ動いていて見ていて楽しいです。

 

f:id:hamarin40:20190528202235p:plain

店内2階

オープンから1年半くらい過ぎていますが、日曜のAM11時頃で、ほぼ満席の混み具合。
二人組くらいでしたら座れるスペースはありましたが、団体だと少し席とりが難しそうです。

 

f:id:hamarin40:20190528202535p:plain

冷萃珈琲(49元)+巧克力麦粉ン(30元)

 頼んだメニューは冷萃珈琲(水出しコーヒー)と巧克力麦粉(チョコレートマフィン)。
ストローは環境に優しい紙製ストローを使用していました。
水出しコーヒー、チョコレートマフィン共に価格相当と言いますか、バカ舌の僕でもわかるような美味しい味わいでした。

 

2階のカウンター席で巨大なキャスクを見ながらのゆっくりと味わっていましたが、カウンターの机の幅は狭く、またテーブル席も低めの机なので勉強や仕事には向かないと思います。

 

f:id:hamarin40:20190528204239p:plain

巧克力

コーヒーの他にはお茶、アルコールなど100種類以上の飲み物を取り揃えており、さらにベーカリー、ケーキ、チョコレートなどもあります。

 

f:id:hamarin40:20190528204049p:plain

探味之旅

お土産用のコーヒー豆もあります。

 

f:id:hamarin40:20190528204743p:plain

お土産


カバンや小物などのお土産も取り揃えています。
 

f:id:hamarin40:20190528204722p:plain

マグ

上海オリジナルのマグも多数取り揃えていました。
マグの値段は200〜300元(3,000〜5,000円)くらいです。

 

コーヒーを飲むだけでなく、上海のお土産を探すために訪問しても良さそうです。

〈お店の情報〉

星巴克臻選烘焙工坊 7:00〜23:00
南京西路789号興業太古匯N110-N201号
地下鉄2/12/13号線 南京西路駅 5号出口から120m