HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

一級建築士の勉強方法 〜「諦めない」、「神頼み」の仕方〜

一級建築士の学科試験まで残り1週間です。


ここまで頑張ってきた人は、ラストスパートです!
最後の最後まで「諦めない」で全力を尽くして頑張ってください!
ここまで勉強できなかった人は、「神頼み」です!

今回は試験の「諦めない」「神頼み」の方法をお伝えします!

 

 

はじめに

ぼくは大学入試や国家試験などのテストにはコツがあると考えています。
特にマークシート方式では、数字の選択になるので勘でも正解することができます。
建築士試験では4択なので、正解率は25%。
一問分かれば3択になり、正解率は33%。
二問分かれば2択になり、正解率は50%。
三問分かれば1択になり、正解率は100%。
一問でも正解が分かれば、正解率は100%です。
試験のコツが分かれば、この正解率を若干(数パーセント)上げることができます!

 

まずは解く

まずは1問目から問題を解いていきます。
選択肢を読み不正解であれば番号に×を付けて次の選択肢に進みます。
分からなくても怪しいと思った問題は△を付けて次の選択肢に進みます。
まったく分からなかった問題は無印で次の選択肢に進みます。
正解が分かった場合は番号に○を付けて次の問題に進みます。


最後まで解いて確実に正解だと自信がある問題はマークシートに記入します。
この時7割程度マークできることが理想です。
もしマークできた問題が7割に満たなかった場合は、△を付けた選択肢など少しでも自信のある問題をマークして7割程度マークできるまで持っていってください。

 

諦めない!神頼み!【1】

マークした後は、選択肢1の数、選択肢2の数、選択肢3の数、選択肢4の数を数えてください。

理想の選択数(問題数/4択)

計画    4〜6個
環境・設備 4〜6個
法規    6〜8個
構造    6〜8個
施工    5〜7個

上記の個数に著しく満たない場合、空欄の選択肢は満たない選択肢の可能性が高いです。


例えば計画のマークした数が下記の場合(16個マーク済)

選択肢1の数ー4個、選択肢2の数ー1個、選択肢3の数6個、選択肢4の数5個

空欄の選択肢で2に×が付いていない場合は、すべて2にマークします。

 

記入している問題が間違っていると信頼値は低くなりますが、鉛筆を転がして選ぶよりは確率は高くなると思います。

 

平成30年度の解答例

平成30年度の解答例は下記の通りです。

計画
選択肢1の数ー6個、選択肢2の数ー4個、選択肢3の数6個、選択肢4の数4個

環境・設備
選択肢1の数ー4個、選択肢2の数ー6個、選択肢3の数6個、選択肢4の数4個

法規
選択肢1の数ー6個、選択肢2の数ー8個、選択肢3の数8個、選択肢4の数8個

構造
選択肢1の数ー8個、選択肢2の数ー7個、選択肢3の数8個、選択肢4の数7個

施工
選択肢1の数ー6個、選択肢2の数ー6個、選択肢3の数6個、選択肢4の数7個

 

選択肢の記入数が見事に当てはまっています!

 

諦めない!神頼み!【2】

マークを記入していくと同じ選択肢が連続する場合があると思います。
あまり続くと「あれっ?」て思いますよね。
3個以上並んだ時は、少し注意が必要です。
ケアレスミスなど起きている場合もあるので、見直しでよく問題を見た方が良いかもしれません。
ただし平成28年の法規で5問連続で選択肢2という例があるので、必ずしも間違っているとは限らないので注意が必要です。

 

最後に

基本的に法規以外の試験は時間が余ると思います。
余った時間は退出、睡眠などせずに最後まで諦めない姿勢は必要だと思います。
特に選択肢が偏った場合は、偏りが多い問題だけでも見直すとケアレスミスの発見につながるかもしれません。
最後の最後まで「諦めない」「神頼み」で運を味方に付けて悔いのないよう試験にのぞんでください!

 

信じるか信じないかは、あなた次第です!

広州出張 〜広州タワー(小蛮腰)〜

f:id:hamarin40:20190712201943p:plain

広州塔

広州出張のついでに広州塔(広州タワー)に登ってきました。

 

 

広州塔の特長

広州塔は広州テレビ局のタワーで、設計はイギリスのアラップ社が行なっており、「広州新情景」をテーマとし、建物は「小蛮腰(くびれの美しい女性の腰)」と呼ばれています。
高さ600メートル、展望台は433m、屋外展望台は488mにあり、2012年時点では世界第4位の高さになっています。

2010年9月にオープンし、通常の展望台の他に屋外展望台では、観覧車、フリーフォールなど大型遊戯物も設置されています。

 

入場料(2019年7月現在)

433m展望台チケット  ・・・・・・・・・・・・・・・・150元
450m展望台+フリーフォール ・・・・・・・・・・・・・228元
460m展望台+観覧車・・・・・・・・・・・・・・・・・298元
488m展望台+フリーフォール+観覧車+屋外展望台 ・・・398元

 

今回は出張中で時間もなかったので、433m展望台のチケットを買って登ってみました。

 

433m展望台からの景色

f:id:hamarin40:20190712204815p:plain

珠江方面

珠江のゆっくりした流れを見ることができます。

 

f:id:hamarin40:20190712205031p:plain

花城大道方面

高いビルも見下ろせて小さく見えます。

 

433m展望台でできるアトラクション

f:id:hamarin40:20190712205328p:plain

アトラクション

 

広州タワーには、チケットごとに観覧車、フリーフォールなどアトラクションに参加できる仕組みになっています。

433m展望台のチケットでは、展望台からの観覧のみですが、展望台には一部ガラス張りの床で写真を撮るといったアトラクションが2箇所あります。

かなり高いところなので下を見るとスリルを味わうことができますが、個人的には中国製というところにスリル感が倍増している気がします。

ぼくが行った時は平日の昼間で5〜10人の列がありました。

 

まとめ

今回は出張のついでだったので昼間の訪問でしたが、写真などをみていると夜の広州タワーはライトアップされていてとても綺麗でした。
滞在時間は約1時間で、タワーも広州の中心部にあるのでアクセスも良好で行きやすいので、広州出張、旅行のついでに訪れてみてください。

中国式按摩店(中国式マッサージ) 〜冬病夏治〜

肩凝りが酷くて中国式按摩店(マッサージ)に行ってきました。
中国のマッサージは日本と比べると安くてお得です。
全身マッサージ1時間で70〜150元(1,000〜2,000円)くらいが目安です。

 

  

按摩店(マッサージ店)の探し方

マッサージを選ぶときでも大衆点評がオススメ!
種類や価格を見れるだけでなく予約も可能です。

http://www.dianping.com/shanghai/ch30/g141

 

中式の按摩店の特長

専 門 店 :マッサージの他にお灸、針を行なっている。中医と書いてある。
     病院のような雰囲気。ちゃんとマッサージの勉強をしている人が多い。
     日本語が通じないマッサージ師が多い。
盲人按摩:目の悪い人がマッサージ師となっている。
     お店は汚い。値段が安い。マッサージは本格派。
     日本語が通じないマッサージ師が多い。
観光客向:日本の観光雑誌に掲載されているお店。
     お店は綺麗。値段が高い。マッサージより日本語が上手。
     日本語が通じるマッサージ師が多い。
中式按摩:中国人向けのマッサージ店。
     お店の雰囲気は店による。値段は中くらい。外人相手の仕事は雑。
     日本語が通じないマッサージ師が多い。

個人的なイメージを言うと専門店>盲人按摩>>>観光客向け>中式按摩店でマッサージの質が異なります。
結局はマッサージ師の技量によるため一概には言えません。
あくまで個人的な感想です。

 

按摩店(マッサージ店)で使える中国語

按摩(アンモ)/推拿(トイナー)・・・マッサージ
全身(チュエンシェン)・・・・・・・全身
脖子(ボーズ)・・・・・・・・・・・首
肩膀(ジエンパン)・・・・・・・・・肩
腰(ヤオ)・・・・・・・・・・・・・腰
腿(トイ)・・・・・・・・・・・・・足
足道(ズーダオ)・・・・・・・・・・足ツボマッサージ
舒服(シューフー)・・・・・・・・・気持ちいい
痛(トン)・・・・・・・・・・・・・痛い
轻(チン)・・・・・・・・・・・・・軽い
酸(スアン)・・・・・・・・・・・・凝る
精油(ジンイオウ)・・・・・・・・・オイル
艾灸(アイジォウ)・・・・・・・・・お灸
中式(ジョンシー)・・・・・・・・・中国式
泰式(タイシー)・・・・・・・・・・タイ式

 

按摩店(マッサージ店)の感想

今回行った按摩店は、専門的な按摩店でマッサージのほか、オイルマッサージ、お灸などを行なっています。
いつもは全身マッサージ1時間コースですが、今回は全身マッサージ30分+お灸60分のコース(225元)を選びました。

 

お灸は1回目の中国赴任の際に経験済みですが、よかったイメージがあったので選んでみました。
マッサージ師は13年の経験のあるベテラン男性マッサージ師。
最初の全身マッサージの揉み方の加減が良く凝りがほぐれていくのがわかります。
その後のお灸もイメージとは違って、ツボにもぐさをおかずに、お腹や足などを中心に全体を温める感じでとても身体が温まりました。

 

マッサージ師と話をしましたが中国の言葉に「冬病夏治」というものがあり、冬の病気、冷え性、喘息、関節痛などは夏に治療することが効果的とのことです。
6〜9月頃が最適な季節とのことなので、心当たりのある方は行ってみてください!