HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

電暖袋(充電式湯たんぽ) 〜中国的冬のおしゃれなアイテム〜

f:id:hamarin40:20190217194233p:plain

電暖袋(電子湯たんぽ) 45元

あまりの寒さに電暖袋(充電式湯たんぽ)を購入しました。

ハマリンは初めての中国赴任時に「寒い寒い」と言っていたら現地従業員より、この電暖袋(充電式湯たんぽ)をプレゼントでいただいたことがあります(柄は異なります)。

 

近所のスーパーを探索してみたら売っていたため45元(約750円)で購入。
※淘宝(タオバオ)で確認してみたら30元くらいで販売していました。

ウサギやら、豚やら色々なキャラクターがありましたが、一番オシャレな胡散臭いピンクパンサーを選択。
日本で同じような商品(注:ピンクパンサーはいません)を探してみると2,000〜4,000円くらいするのでお得な商品です。

 

使い方は、中の湯たんぽ部分にコンセントを接続して、8〜15分くらい充電を行い、充電が完了したらピンクパンサーの入れ物に装着。
ピンクパンサーの入れ物には手を通す部分があるので 手とお腹を同時に温めることができます(写真を参照してください)。
なお、一回の充電で2〜10時間程度の保温時間がありますので、寝る前に布団の中に入れておくと朝まで暖かさが持続します。

 

f:id:hamarin40:20190217195241p:plain

電暖袋(充電式湯たんぽ)の使い方【引用元:淘宝】

 ハマリンは毎シーズンこちらの商品を購入する愛用者です。
※1シーズンで必ず壊れているということです。

もうすぐ冬も終わりになりますが、この電暖袋(充電式湯たんぽ)で乗り切りたいと思います。