HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

春節の準備 〜爆竹・花火は禁止になりました〜

中国は間も無く春節(2月5日)になります。

中国の一般的な企業では2月4日(月)〜2月10日(日))までお休みとなります。ちなみに2月2日(土)、3日(日)は振替出勤でお休みではありません。海外にいると日本と違って祝日が少ないので年間休日は約115日しかありません。日本と比べると1週間くらい少ないと思います。その代わり有給休暇はフル消化する人がほとんどです(中国人の有休日数は10日程度です)。そりゃ日本の有給消化率は外国と比べると少なくなるよねって話です。なので、はまりんは有給消化率の向上は推進しますが、他諸国と比べて少ないって論調はおかしいと思ってます。

 

話を春節に戻して、そんなこんなで遠い故郷に帰る人などは有給休暇などを利用して2週間くらい休む人もいます。そのため今は民族大移動中なので新幹線などの駅は人が溢れています。写真で見てもわかるように新幹線の改札も大渋滞です。ただ以前と比べて大きく違うのは少し並ぶようになっています。よく日本では中国人は並ばないと言いますが、上海人から言わせると上海博覧会以降から少しづつ並ぶ人が増えてきているそうです。

f:id:hamarin40:20190130220427p:plain

上海虹橋駅

 

また春節になると家や街並に飾り付けをします。はまりんのプロフィール画像でも使っていますが、家の玄関や窓に福のシールを貼ったります。福の文字を逆さまにして「倒福=到福(ダオフー)」と言い、福を呼び寄せる縁起物として貼られることもあります(はまりんは普通に貼っています)。その他にも金魚や唐辛子、提灯などを飾ったりして春節を祝います。

f:id:hamarin40:20190130215933p:plain

福のシール

 

以前は春節などのお祝い事では爆竹、花火は欠かせない物でしたが、最近の都市部ではほとんど見られなくなりました。理由はただ一つ罰金を取られるようになったからです。はまりんの携帯にもショートメールで何度か入ってきていますが、違反すると100〜500元の罰金が取られるそうです。中国人は規則は守りませんが、罰金を取られるようになると規則を守るようになります。

はまりんは6年前の中国赴任時の春節で2000発の爆竹を鳴らしましたが、 今はいい思い出となっています。