HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

中国の不動産価格が下がらない理由② 〜張さんの話〜

中国の不動産価格は、1998年に住宅の改革開放がされてから、右肩上がりに伸びています。
ハマリンの住んでいた5〜6年前にも既にバブルと言われていましたが、そこからも今まで上海の家賃は2〜3倍近くなっており、住宅価格も上がり続けています。
2018年の上海の不動産価格は停滞しており、さらに2019年は景気が停滞しそうな気配を見せていますが、ハマリンが聞く限り中国人の誰もバブルが弾ける(不動産価格が下がる)と思っている人はいません。

 

そんな中国の不動産について、不動産を持っている李さん(仮名)、張さん(仮名)、王さん(仮名)、金さん(仮名)の四人に聞いてみました。

今回は二人目の張さんです。

 

 

張さんの経歴

張さんの歳は55歳。一人目の李さんとは同級生で、李さんと同じように約30年前に日本に留学しています。
張さんも李さんと同じく、勉強よりも日夜バイトに励み、毎月30万円程度は稼いでいました。
張さんは留学前に結婚しており、留学中に子供が生まれたそうです。
当時は、お金も無かったので留学をしていた6年間は、ほとんど子供に会うことができなかったので、帰国後に会ったときは、自分の子供と思えなかったと言っています。
日本から中国に帰国した後は、日系企業に就職して、何社か経験を積みながら、現在は日系の化学メーカーで15年以上働いています。

 

張さんの不動産購入歴

張さんも、日本から帰国した後にマンションを十数万元(150〜250万円)で購入しました。
その後も日本で稼いだお金を元手に不動産を合計4物件持っていましたが、留学中に会えなかった息子が就職した際に一物件を譲渡したそうです。
この譲渡した物件は、600〜700万元(1億円以上)の価値があるそうです。
そのため、今は住んでいるマンションと、義理の両親が住んでいるマンション、そして貸しているマンションの三物件を所有しています。
 

張さんの考え

張さんは、昨年息子が結婚した際に、息子に60万元(1,000万円)+車のお祝いをしました。
息子の結婚でやっと経済的に落ち着き、これからは自分のためにお金が使えると喜んでいます。ちなみに張さんの給料約2万元(30万円)は、すべて自分の小遣いになっていて自由に使えます。
張さんは、子供の結婚で大きなお金を使うことがなくなったので、マンションの売買には興味がもうないです。
現在貸し出しているマンションも含めて売る気もなく、今後も持ち続けていく予定です。

 

まとめ

さすが中国の「90後(90年以降の生まれ)」は、小皇帝と呼ばれるくらいで甘やかされていますね。
一人目の李さん、そして張さんは20〜30歳に掛けて、日本に留学して努力した結果、財産を築き、子供に還元する流れが出来ています。
中国の男性は結婚前に住宅を持つことが当たり前になっているので、男の子の親は大変です。
日本では結婚しても住宅を持たず暮らす人は多いですが、中国では結婚前に家を持つという風習が、今のマンション需要の高さにも影響を及ぼしていると思います。