HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

中国語の勉強方法〜学校に通い始めてからの教科書の選び方〜

中国語の学校に通い始めました!
最終的に通ったのはA校。

 

www.hamarin.work

イロイロと交渉の上、なんと60時間で6,600元で通うことになりました。
やっぱり中国は、恥を捨ててでも交渉した者勝ちですね!
中国語学校の老板には、「日本人でこんなに値下げ要求してきたのは初めてだ」と言われましたが•••
皆さんも高額な物を買うときは、ダメ元でも交渉した方がいいですよ!

 

学校を決めてから続いて考えたのは、中国語の何を勉強するか。
一般的に中級までは、学校が決めた教科書があると思いますが、一度中級の教科書は学習しているため、学校の教科書は使えません。
上級中国語や、ビジネス中国語などたくさんの教科書を見てみましたが、上級ほどのレベルはなく、中級では物足りない微妙なレベルにあう内容が見つかりませんでした。

 

f:id:hamarin40:20190309215040p:plain

中国語の教科書

そんな中選んだ教科書は、北京語言大学出版社の「発展漢語Developing Chinese」です。

 

教科書の中を見ると、本文にはピンインは無く、説明もほぼ中国語(単語は英語で説明)。
一般的な日本人が使う教科書では、説明が日本語でピンインもあるため、少し難易度が上がっています。
ひとまずこちらの教科書を使って中国語の勉強を進めていきます。

 

また中国赴任が決まっている方は、中国に来てから中国語の教科書を買った方が良いですよ!

こちらの教科書日本で買うと2,500〜3,000円くらいしますが、中国だと58元(約1,000円)で買うことができます。
なおタオバオなどで買うと、もっと安く買うことも可能です。 

 

こちらの教科書は、学校の先生に聞いたところ、中国の小学校の4年生くらいのレベルの内容とのことです。
語学の勉強は日々の積み重ねなので、これからは日々勉強に励んでいきます!