HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

2019年の振り返り〜中国赴任からの転職・帰国〜

今日は大晦日!

久しぶりの投稿ですが、今年も一年の締めくくりとして、2019年を振り返り記憶に残ったTOP3を発表していきます。

 

2019年抱負の採点

まずは今年に掲げた抱負からの採点。 

1.ブログの継続 → × 

前半の半年間は、頑張って継続していたものの環境の変化に対応できず、後半はまったく継続できず・・・。言い訳は後ほど。

 

2.中国語の勉強 → △

こちらも前半は、頑張っていたものの後半は勉強できず。ただ中国語だけの会議への参加など、過酷な環境を通して中国語のレベルはUPできたと思える一年でした。

 

3.旅をする → ◯

この一年間仕事を含めると上海、蘇州、無錫、南京、杭州、瀋陽、広州、厦門など色々な都市を訪れることができました。

 

4.健康管理 → ◯

気になっていたお腹の痛み。大腸内視鏡検査までして得た結果が問題なし。身体に問題ないことが確認できました。

 

5.家族とのふれあい → ◎

昨年末からの海外単身赴任から一転、家族との生活を選びました。

 

それでは記憶に残ったTOP3の発表です。

 

BEST1 「まさかの40代からの転職」

40代、海外勤務という悪条件の中、突然の日本への帰国、そして転職。
働き始めた頃から心のどこかで迷っていた思いが、とうとう実行に移したという気持ちの転職でした。
いざ転職への行動に移すとあっという間に内定→退職→入社となり、こんなものかという思いです。
転職してよかった点、悪かった点などありますが、心の整理をつけてからブログに思いを綴っていきたいと思います。

 

BEST2 「中小ベンチャー企業での働き方」

転職先は格好良くいうと「外資系ベンチャー企業」となりますが、IT系など若い分野ではないため、平均年齢60歳オーバー、自分が2番目の若手という会社です。
周りの職歴も様々で常に意見の相違があり、まとめる人間の器量が試されている感じです。
今まで自分とは出会ったことのない人間が多く、自分が「井の中の蛙」だったということがわかっただけでも成長を感じる選択だったと思います。

 

BEST3 「ブログの中断」

転職して覚えることがたくさんあり時間がなく、さらに家族との時間を作るためにブログを書いていく時間がなくなってしまいました。
心の中ではブログを書きたい気持ちは残っているので、これからはブログの書き方を改善していきたいと思います。

 

まとめ

20代から就職して敷かれたレールに乗って平々凡々とした生活を送ることもできた中、自ら荒波に飛び込む選択をし、これを受け入れてくれた家族には感謝しかありません。

 転職をして数ヶ月が経ちますが、毎日が刺激的で時に辛いこともありますが楽しく仕事をしています。
まだ正解か不正解か、はたまた正解があるのかすらわかりませんが、来年も家族と仲良く過ごせるよう励んでいきたいと思います。

 

それでは皆様、良いお年を〜