HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

一級建築士合格後の学科試験を一年ぶりに解いてみた(法規を除く)

一級建築士の学科試験の合格発表が発表されました。
合格基準点は97点と高かったものの、合格率は22.8%と前年と比べて4.5%上がっており例年と比べると易しい試験だったようです。

 

あわせて学科試験の問題が公表されたていたので、約1年ぶりに一級建築士試験の問題を解いてみました。
法令集はすでにメルカリで売り払ってしまっているので、法規を除く4科目を解きました。

 

まずは計画・・・1問目「ソシオペタル」名前は覚えているが意味を忘れた。が、他の3択の意味がわかったのでなんとか正解!
2問目、3問目なんとなくで正解!
4問目は2択まで絞り込んだものの「隙間なし天井」に惑わされて不正解。
5問目は正解したものの6〜9問まで連続不正解。

その後も初めて一級建築士試験を受けたかのような新鮮な気持ちになり、眠気をこらえながら問題を解いていった結果・・・。

 

計画・・・・・・12点
環境・設備・・・  9点
構造・・・・・・17点
施工・・・・・・  9点
合計・・・・・・47点

 

いや〜去年合格しておいてよかった!
合格後、中国に赴任して日本語、建築とは離れた生活をしていたとはいえ、こんなに忘れているとは思わなかった。
得意だった施工がここまで低い点数になることは想像つきませんでした。

 

今年、残念ながら学科不合格だった方達へ!
合格者でさえ一年間勉強しなければ、これだけ忘れます!
毎日5時起きで習慣にしていた勉強も、合格後はスッカリ勉強もしなくなり7時に起きる生活になりました。人間楽な方に流れることは簡単です。

今年受験した方は、今年勉強したことを忘れずに、今からまた勉強することをお勧めします。これから勉強すれば余裕で間に合います。
今年の試験問題の復習をしながら、来年に向けて課題を見つけて計画的に勉強していってください。

 

自分も一級建築士と恥ずかしくないよう、復習しながら勉強し直します!