HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

一級建築士試験の勉強方法 〜勉強時間の確保〜

「勉強する時間がないっ!」 
言い訳していませんか?

 

ほとんどの方が仕事をしながら一級建築士を目指して勉強しています。
みんな時間をみつけて勉強をしています。

 

ぼくも試験勉強中は、毎日7時出勤して8〜9時頃帰宅、飲み会は週1回くらい、土日も月1回くらい仕事(ゴルフ)あり、という生活でした。
もっと忙しい方もいると思いますが、これと同じくらいの忙しさであれば合格できます!

 

もしこれ以上に忙しくて時間が取れないと言う方は、優先順位を決めて、もう一度仕事、生活を見直した方が良いかもしれません。
ぼくも試験勉強を始める前は、飲み会や家族サービスなどもっと時間を取られていました。
でも試験を受けた1年間は、無駄な残業を削り、飲み会や二次会は断り続け、土日の仕事(ゴルフ)、お客様の展示会、コンペなど最低限になるよう調整しました。

 

「今、あなたに必要なものは何ですか?」

仕事?、家族?、付き合い?、一級建築士?

 

もう一度よく考えて時間を作ってください!

 

そして時間ができれば、 この時間の中で「どうやって勉強時間を確保するか」ということを考えます。
ぼくの場合、朝5時起きで出勤までの2時間、帰宅後は約1〜2時間勉強する習慣を作りました。
一度習慣となると朝5時起きも、帰宅後の勉強も苦にはなりません。
また、出勤、帰宅の移動中、お客様訪問の移動、待ち時間、昼休みなどスキマ時間の活用します。
そして、土曜日の日中は家族サービスのため一切勉強はせずに、外出を楽しみ、日曜日は買い物など家事手伝いをしていない間は勉強するって感じでした。

 

この時間の割合は、それぞれのライフスタイルに合わせて決めていけば良いと思います。
夜型の人であれば、朝の時間を減らして夜を長くしたり、内勤で移動時間が取れなければ、会議までの待ち時間や、出張の移動時間など時間はみつければいいです。
大事なことは勉強する時間をみつけることです。

 

ちなみに受験中は高いモチベーションで勉強できていましたが、合格後はあっという間に勉強する習慣はなくなり、普通の生活に戻りました。

 

今思うと期間を決めて集中力を高めたことが良かったかもしれません。
「絶対に今年合格するぞ!」という強い気持ちで勉強していきましょう!