HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

蟹蠔面道 〜蟹牡蠣ラーメン〜

f:id:hamarin40:20190526185043p:plain

蟹蠔面道

上海の延安西路駅・中山公園駅近くの蟹牡蠣ラーメン屋に行ってきました。

 

上海といえばやっぱり「上海蟹」!

正確に言うと「上海蟹」は、上海のお隣の昆山市の陽澄湖で獲れる「大闸蟹(ダージャーシエ)」のことを言います。

そんな「上海蟹」をふんだんに使った蟹ラーメンは「蟹粉面」と言われ、上海蟹専門店などでも出される高級ラーメンです。

 

今回訪問した蟹ラーメン専門店「蟹蠔面道」は、そんな高級ラーメンを手ごろに食べられる人気の蟹ラーメン屋です。

 

f:id:hamarin40:20190526194312p:plain

蟹蠔面道メニュー

入口を入るとカウンターがあり、まず注文をします。
蟹粉系列と書いてあるところが蟹ラーメンになります。
このお店の名前「蟹蠔面道」の「蠔」は牡蠣のことであり、「蟹蠔面(67元)」がオススメメニューになります。

 

しかし今回は初めて訪問したのですが、既に暑くなってきていたので、牡蠣を避けて「蟹粉蛤蜊面(47元)」を注文しました。

 

f:id:hamarin40:20190526195103p:plain

蟹粉蛤蜊面(47元)

こちらが出てきた「蟹粉蛤蜊面」です。

 

f:id:hamarin40:20190526195251p:plain

蟹粉蛤蜊面(まぜまぜ)

こちらをよく「まぜまぜ」して食べます・・・。

 

 

 

「メチャウマ!」

濃厚な蟹の旨味と蛤蜊の旨味が混ざり合い、お口の中でハーモニーを奏でます(調和します)!

もう個人的にミシュラン星3つ(そのために旅行する価値のある卓越した料理)あげられます。

リピート間違いなしです!

 

f:id:hamarin40:20190526195531p:plain

酢・醤油・蟹酢

好みに合わせて酢・醤油・蟹酢など調味料を入れられます。
調味料がなくてもしっかりとした味があるので、まずは一口食べてから足していった方が良いと思います。

 

f:id:hamarin40:20190526200442p:plain

蟹蠔面道(内観)

店内も緑色の壁面ですが、綺麗で清潔感のあるお店です。

 

中国のラーメンは一般的なお店だと10〜20元/杯程度で食べられますが、この蟹粉面は50元/杯と3〜5倍のお値段です。
ただし上海蟹専門店で食べると100元/杯近くしますので、約半額で食べられると思えばとても安いです。

 

地下鉄の駅から少し離れているので歩きますが、それだけの価値があると思いますので、出張、旅行で来られた際は是非食べてみてください!

 

〈お店の情報〉

蟹蠔面道 11:00〜21:00
昭化路240号
地下鉄3/4号線 延安西路駅1号出口から1.0km