HAMALOG

2回目の中国赴任となった駐在員の生活情報や建築情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

南京旅行(4) 〜メチャウマ松茸混ぜそば〜

中山陵からホテルに向かいチェックインした後、少しのんびりしてから夕食にお出かけです。

 

ひとり旅の難しいところは食事の選択です。
特に中国の外食は基本的に大人数で食事をする場所が多く、一人で食べきれる量で頼めるお店は少ないです。
そうなると必然的に小吃店、ラーメン店、日本料理、西餐などの外国料理のお店になってしまいます。

 

f:id:hamarin40:20190505212319p:plain

囿面伝統制面館

こんな選択肢の中、大衆点評で探したお店は「囿面伝統制面館」です。
南京の混ぜそば料理の評価で第一位!
鼓楼区のラーメン店の評価で第一位!
といったお店です。

f:id:hamarin40:20190505213713p:plain

囿面伝統制面館(外観)

ホテルからは徒歩10分程度。
夜の南京を楽しみながら歩いて向かいます。
たどり着いたら外観は中国のラーメン店とは思えないくらいのお洒落な雰囲気です。 

 

f:id:hamarin40:20190505213405p:plain

囿面伝統制面館(内観)

お店に入ったら、まずカウンターがあり注文します。
メニューはカウンター上に表示されていて、オススメが「松茸干拌面」となっているので頼みます。
店員が「ツォン(cong)」と言っていて、何かわからなかったので「不要」と言ったのですが、後で調べると「葱(cong)」のことでした。
「要」と言っておけば良かったと後悔•••。
よく香草(パクチー)で「要不要」と聞かれることはあったのですが、葱も聞かれることがあるんですね。
これも中国語の勉強です!

 

f:id:hamarin40:20190505213257p:plain

松茸干拌面(松茸焼きそば)38元

 

オススメ料理は「松茸干拌面(松茸混ぜそば)」がきました。
これだけ松茸が入って38元(600円)!
一般的な中国のラーメンが10元程度なので約3倍と高級料理ですが、日本の松茸の価格と比べてみると激安です。
松茸の風味もあり、味付けも中国独特の風味も少なく食べやすい味でした。
また海苔と卵のスープも絶妙な味でとても美味しかったです。

 

近くにあったらまた行きたい店ですね。
南京に行った際はオススメ料理店です!

 

〈お店の情報〉

囿面伝統制面館 8:00営業開始
南京市鼓楼区中央路139号
地下鉄1号線 玄武門駅出口から210m